English Japanese
ホーム カッパドキア ツアー 支店 会社案内 条件と約款 お問い合わせ  
   

カッパドキアの陶器

"ハリス"として考古学的にも古くから知られている川は現在、 “クズル・ウルマック”または"赤い川"と呼ばれるトルコで一番長い川からは鉄鉱石を含む赤土と粘土が採取できます。そして、陶芸の村アヴァノスでは陶器を作るのにこの土を何千年もの間利用してきました。
2世紀、アヴァノスはアッシリアの貿易商が住んでいました。そして、後に、その川を"マラッサンティヤ"と呼んでいたヒッタイト人により奪取されました。今日受け継がれている陶器の技術とデザインのいくつかはこの時代に誕生しました。
その昔、各家庭には陶器を作るためのろくろがありました。そして、花婿となる人は上手にポットを作れないとその家族は娘を嫁にやることを許しませんでした。今日、イスタンブールやその他主要都市で売られている陶器とタイルはアヴァノス産のものがたくさんあります。
アヴァノスでは古くから受け継ぐ独特な手法、脚でろくろを回して成形する様子を間近に見学することができます。また、体験することもできます。

  CAPPADOCIA POTTERY  
  CAPPADOCIA POTTERY  
  CAPPADOCIA POTTERY  
 
Tel : +90 212 518 3760 - 518 3761 Fax : +90 212 458 8635
Copyright © 2009 ACETES TRAVEL